病棟

脳梗塞の症状について詳しく知りましょう~コワイ前兆を見極める~

信頼できる病院の選び方

先生

全国にはさまざまな特徴をもった内科が多数存在します。そんな内科クリニックが筑波区にはたくさんあるため、より良いところを上手く見抜かなくてはなります。そこで見ていきたいのが診断の行い方です。

詳しくはコチラ

日本人の死亡原因の1つ

歯科

前兆に気づいて防ぐリスク

脳梗塞は突然襲ってきて、近年その数は増加の傾向にあります。脳の血管が詰まることや、何らかの原因により血液のめぐりが悪くなり酸素や栄養が不足することによりその部分の脳組織が壊死してしまうことで起こる病気です。脳梗塞は脳卒中の中の1つで、日本人の死亡原因の第3位になっています。 脳梗塞は突然倒れるイメージがありますが、前兆があるものもあります。そこに気づけたら予防することもできますが、症状がすぐに治まってしまうのでなかなか難しいものです。日ごろから脳梗塞の前兆の症状がどういったものかを理解していれば、予兆に気づくことができるかもしれません。 その症状とは、右側か左側、どちらかの手や足がしびれたり、麻痺したように動かなくなる、ろれつが回らなくなり、人の言っていることが理解できなくなったり、話したくても言葉が出てこなかったりするなどがあります。さらに物が二重に見えたり、半分が欠けて見えるという現象も人によっては起きます。他にもめまい、ふらつき、まっすぐに歩けなくなるなど、普段の日常ではあまり起こらないような症状が現れた時には、早急に医療機関を受診することで、後遺症などものこらずに済む場合もあります。

今後の動向と予防

日本の病気での死亡原因を見てみると、1位が癌で2位が心臓病、それに続くのが脳卒中の3位となっています。高齢者に多いとされる脳梗塞は一命をとりとめたとしても、後遺症というリスクがあります。重症化すると、寝たきりや介護が必要となってしまいます。そして、今後はこういった重症化が増えると予測されています。 この恐ろしい病気を発症しないために予防が重要となってきます。 脳梗塞の一番の原因は動脈硬化です。糖尿病や、高血圧、高脂血症、心臓に疾患がある方は特に注意が必要です。ストレスためない環境作りや生活習慣の乱れを直すことも大切です。飲酒や喫煙もほどほどにしましょう。なかなかやめられないので、徐々に減らしていくことを目標にします。 健康診断も大切です。早期に発見できれば、早い段階で治療でき、治る確率が格段に上がります。

一つの判断基準になるもの

girl

病院についての口コミサイトができて、誰もが簡単に読み書きできる時代になっています。病院選びの参考にできる便利なものですが、あくまで第三者の評価です。総合的な判断をした上で、自分が良いと思った病院に通うのが大切です。

詳しくはコチラ

気を付けること

女の人

お子さんが急な発熱などでも診てもらいたいときは、伊丹市内の小児科を訪ねましょう。ですがその時気を付けることがあります。特に診療時間外の場合は、病院には小児科の当直医がいない場合があります。もしかしたら、診てもらえない事もあるので、一度問い合わせをしてから、受診をするといいでしょう。

詳しくはコチラ